語学の特に英語についてのTOEICと英検の違いなどを書いていきたいと思います。これから受験する人にぜひ。

語学試験の1つTOEICを理解するサイト
CONTENTS

語学、特に英語でのTOEICと英検の違い

語学、特に英語の試験について書きたいと思います。
学生や社会人など色々な方が様々な用途で受験をされる試験TOEIC。日本は特に、TOEIC受験者が多いです。

年々その数は増えていっています。
いまや英検よりも英語を測る指数として評価されることが多いです。

英検とTOEICの違いは、英検の場合、3級、2級、準1級、1級というふうに階級が上がれば、テストの問題の質が難しくなっていきます。
難しい語彙が増えたり、ややこしい言い回しで表現したりと。なのでその階級の英検の試験を合格するには、その階級に見合った英語力をつける必要があるのです。

一方、TOEICは英検のように階級によって、英語のレベルが高くなるということはありません。出される問題は一定で、英語力が高い人でも低い人でも同じ問題を解くのです。

なので、英検のように点数に満たないといった不合格というわけではなく、その人の現在の英語力という観点で点数が出されるのです。

TOEICは出される問題がつねに一定なので、あまり難しい問題は出ません。
しかし問題の量が多いのです。

TOEICを受けたことがなくて始めて受ける人はその問題量の多さに、途中で集中力を欠いてしまうということも考えられます。
英検は階級によって、問題が難しくなり、ある点数のラインに達したら合格となります。
TOEICは合格とか不合格という概念がなく、大量の問題をとかせ、単純にその点数がその人の英語力ですよということを示しています。
昔は英検が英語力を測る(履歴書にかける)オーソドックスな試験だったのですが、今はTOEICのほうを優先して評価する企業も多いです。

Copyright (C)2017語学試験の1つTOEICを理解するサイト.All rights reserved.