TOEICは世界で一番有名な語学試験で、公式認定証が発行され高得点をとるには反復学習がかかせません。

語学試験の1つTOEICを理解するサイト
CONTENTS

TOEICは世界で一番有名な語学試験

TOEICとは英語を母語としない人のための、英語のコミュニケーション能力を検定する試験です。

2010年には120か国で実施され、600万人が受験しています。
世界で一番有名な英語コミュニケーション能力試験です。

ちなみに日本では年に9回行われ、227万人が受験しています。

リスニング100問とリーディング100問から構成されています。
問題は身近な事柄からビジネスに関することまで多種多様です。

幅広くコミュニケーション能力をはかります。
TOEICを受けた人には、公式認定証が発行され、ランクはAからEまであります。
Aランクはノンネイティブとして十分なコミュニケーション能力をもっているレベルで、スコアでは860点以上です。

日本では実用英語技能検定と比べられることが多いのですが、アンケートによると英検1級を持っている人の平均スコアが816点で、2級を持っている人は517点だそうです。

しかしTOEICはリスニングが半分を占めているのに比べて、英検は3割程度なのであまり比較にならないかもしれません。

TOEICは問題数が多く、限られた時間内に問題を把握してすばやく回答する必要があります。
このためには反復学習が最適です。

語学教室などで勉強するのも大切ですが、CDなどを使って毎日繰り返し問題を解くことが、TOEICで高得点をとる鍵になります。
リスニングは、沢山英語を聞いて耳を慣らすことが大切です。

リーディングは反復学習を行い、文法なども勉強するとよいです。

Copyright (C)2017語学試験の1つTOEICを理解するサイト.All rights reserved.